柔らかいトレッキングシューズ 硬いシューズ 選ぶ基準

柔らかいトレッキングシューズと硬いシューズを選ぶ基準は?

トレッキングシューズは柔らかいシューズと硬いシューズにわかれます。

 

 

柔らかいもの程価格は安くなり、普段履いているスニーカー等に近い履き心地になります。

 

 

硬いトレッキングシューズはというと、値段は高く履き慣れるのには時間がかかりますが、保護機能は高くなります。

 

 

このどちらを選ぶのかという事で予算は大きく変わって来る事になります。

 

 

経験者の方であれば迷う事はないかもしれませんが、初心者の方は最初に何を選べば良いのかという事は悩んでしまうと思います。

 

 

また、この悩んでしまう理由として、一体どれくらいの登山レベルでどちらの靴が適しているのかという事がわからないから悩む事になると思います。

 

 

こうした基準は、経験する事でわかって来るものでもあります。

 

 

ですので、人によって感覚は違っています。

 

 

経験者の方に意見を聞いてみると

 

  • 初めは比較的柔らかめのものを履いて、足が疲れるようなら硬いものに移行する
  •  

  • 重い荷物を持つ場合はハードなものが良い
  •  

  • 岩場を歩く頻度が高くキツイと感じたら硬いものが良い
  •  

  • ガレ場・ザレ場が多いなら硬いソールが良い
  •  

  • 低山・ヌルイコースしか行かないのであれば柔らかいものでも十分
  •  

  • 夏しか履かない・たまにしか行かないなら履き心地の良いものが良い
  •  

  • 重い荷物を持たないのであればミッドカットでも良い
  •  

  • 一泊の小屋程度なら柔らかいものでも良い
  •  

  • 高いものは慣れてから必要を感じたら買えば良い
  •  

  • 爪先で岩場を登るならハードシャンクが良い
  •  

  • テント泊縦走を視野に入れているのであれば硬いものを
  •  

  • 雪山・アイゼンを使う・数泊の小屋泊まり・クライミングの要素ありなら本格的な靴が必要

 

 

 

など、様々な意見があります。

 

 

こうした意見を参考にしてみると、日帰りもしくは1泊程度の登山であればライトなものから試して、慣れてきて物足りなさを感じたらグレードアップさせていくというのが一番良いのではないかなと思います。

 

本格的な登山では、靴とレインスーツは命を預けるものとも言われていますが、ハードになればなる程その重要性も高くなります。

 

 

このように考えると、ハードな登山をしない人にはハードな機能があっても必要無いという事になってしまいますので、そのあたりは自分の登山計画に合わせて考えみると良いと思います。

 

 

自分にあったお気に入りのトレッキングシューズを探してみましょう。


 

⇒トレッキングシューズのおすすめランキング!