安物の靴 トレッキングシューズ 危険 理由

安物の靴をトレッキングシューズとして利用するのは危険な理由

近年では、ノーブランドのトレッキング風のシューズというものも沢山見かけるようになって来ました。

 

トレッキングシューズにはライトなものと、全く見かけだけのトレッキングシューズ風のものがありますが、これらは似て非なるものですので完全見た目のみで安いシューズを選ぶのは危険だという事は理解しておくようにしましょう。

 

 

基準としては、1万円以下のものはトレッキングシューズでは無いと思っておいた方が良いと思います。

 

 

勿論、トレッキングシューズでは無くても登山する事は可能です。

 

 

しかし、安物のノーブランドのシューズなどでは山道で靴が壊れてしまうという危険性が高くなってしまいますので、そうしたリスクがあるというは知っておいた方が良いと思います。

 

 

タウンシューズでも長く履いていると靴は壊れてしまいます。

 

こうした事を経験した事がある方はわかると思いますが、靴底がベラっと剥がれてしまったら、街中でもその後の移動に困ってしまう事になります。

 

 

これがもし山頂で起きてしまったらと考えたら、その後どれだけ大変なことになるかという事が理解出来るのではないかなと思います。

 

 

足場の悪い山道を裸足で歩いて下山しなければならないという事になってしまっては、足は怪我してしまいますし、そうした事で万が一歩けなくなってしまっても助けは簡単には呼ぶ事はできません。

 

 

と、こうしたどうしようもない事になってしまいますので、登山家達はそうしたリスクのある靴は選ばず安心出来る登山メーカーの信頼出来る靴を選ぶようにしています。

 

 

登山に適した靴を履くと

 

  • ソールの減りが遅い
  •  

  • 岩に当たってアッパーが擦れたりしない
  •  

  • インナーがへたりにくい

 

 

など、山道でいきなり壊れてしまうという危険性は低くなります。

 

 

靴が壊れてしまう事意外にも

 

 

  • 足を捻挫してしまう
  •  

  • 木の根っこで滑って転倒
  •  

  • 踏み外して滑落
  •  

  • 足が痛くて歩けない

 

 

など、こうした怪我をしてしまっても山道では大問題となってしまいますので、最大限注意する必要があります。

 

 

 

また、こうした事にならない為には歩き方やルート選びや山歩きに慣れる事なども重要な事ですので、登山時には靴選び意外にも様々な面に意識を向けるようにしましょう。


 

⇒トレッキングシューズのおすすめランキング!