NORTH FACE 普段使い イケル 登山グッツ 靴

「NORTH FACE」は普段使いでもイケル登山グッツ(靴)だ

靴を選ぶ時に重要視する点は、やはりフィット感ではないでしょうか。登山靴ともなれば、使用用途は特殊になりますし、安い買い物ではないので、慎重に選びたい所です。

 

さすがに、ネット通販の画像のみで選ぶのは、かなり難があります。

 

 

しかし、そうは言いつつも好きなブランド・イメージも当然ある訳で、私の場合は「NORTH FACE(ノース・フェイス)」を選びました。

 

アウトドアブランドとしては名の知れたブランドだし、何となく格好良い。

 

そういう先入観もあるかもしれないが、気に入ったブランドなら永く使えそうだと言うのもある。

 

 

 

 

 

選んだ登山靴の種類は、同じブランドの商品を色々履き比べて、「ウルトラ GORE-TEX サラウンド ミッド」にしました。

 

ゴアテックスを使用した透湿性に優れていて通気性が良い。

 

 

アッパー部、ソールの左右にベンチレートの開口部があり、そこからも発汗時の快適性を担保してくれます。

 

登山の場合、一度シューズを履いて紐をきっちり結んでしまうと、今度は脱ぐ事が案外面倒になります。

 

岩場やスリップしやすい場所を踏破する訳ですから。

 

 

そうした状況の中で、フィットやグリップ性も大事ですが、通気性の良さも快適に山登りをする上で重要なファクターになるのです。

 

 

 

 

余り頻繁に山登りをしない私でも、年に数回は特に秋口には紅葉目当てに山へ行きます。

 

ですので、登山グッツを使用する頻度自体はさほど多くないものの、(会社への通勤で使用する事はありませんが)、休日でのお出かけ時に履いて行く事があります。

 

その時は、ラフな履き方をしますが、それでも「動きやすい」と言う点で、つい何気なく使ってしまいます。

 

 

割と派手目の色使いの登山靴なので、ジーンズにも馴染んでくれます。

 

 

ある種、ファッションアイテムとしても重宝しています。

 

 

コンクリート、アスファルトの歩道でも雨の日は滑りやすい場面がありますしね。

 

そうした状況下では「登山用」の利点を活かしたグリップ力、ソールの形状、クッショニングが有効です。

 

 

 

 

 

登山用に購入したとは言え、普段使いでも活躍してくれる靴なので、同じブランドのTシャツやジャケットと組み合わせれば、ファッション的にもバランスがよいので、冬場のアウターは同じブランドのものを購入するようにしています。

 

 

別にファッション的な部分だけで選んでいるのではなく、人間の動きや機能性を追求した作り込みもしっかりしているので、選ぶ理由がきちんとあるのです。

 

 

NORTH FACE(ノース・フェイス)の場合は、アパレルから登山道具に至るまで幅広い商品ラインナップであるため選びやすい。

 

これも、ブランドとしての魅力だなぁと思っています。

 

 

 

⇒トレッキングシューズのおすすめランキング!