登山をする時 登山靴を選ぶ極意 足を守ってくれる疲れない靴を選ぶ

登山をする時に登山靴を選ぶ極意!足を守ってくれる疲れない靴を選ぶ!

これから登山をしてみたい、健康の為に登山をして心身共に鍛えてみたいという方々も今や後を絶ちません。

 

しかし、登山初心者の皆さんは、登山に必要不可欠な登山靴をどのような視点で見て、どのような事を目安としてご購入されているでしょうか、大体の登山初心者の方達は、登山靴のデザイン性であったり、値段が高い分、足全体を守ってくれると物凄く安易な考えで時間を掛けずに購入される方が多いようです。

 

しかし、そのような考えで購入するのは大変怪我の元になります。

 

 

 

やはり登山靴で一番大事なのは、自分の足を守ってくれて、足に疲労感があまり蓄積されない自分の足に似合ったものを選ばなくてはなりません。

 

デザイン重視、ブランド品重視の考えは二の次にしなければ命の危険に繋がり兼ねません。

 

 

まず登山靴を購入する点での大事な事は、つま先と靴の間に約1cm程余裕のあるゆとりを持つ靴を選ぶ事、完全に靴の先に自分のつま先が当たってしまうようでは、歩き続けると直ぐに足全体が痛くなり、怪我の元にも繋がります。

 

なので1cm程隙間を持たせることで少々余裕が出来、登山の際にも比較的スムーズに行動出来るんです。

 

 

 

 

そして二番目に、 くるぶしが当たらない事、くるぶしが当たっていると両足のバランス感覚が少々可笑しくなり安定感が取りにくくなります。

 

その為、登山で危険な道に入った際、バランス感覚を崩し崖から転落などもあり得る話なんです。

 

 

なので事故を事前に塞ぐ策としては、くるぶしが当たらない事も最重視しなくてはなりません。

 

 

 

 

最後に、登山靴に両足を入れた際に、幅や甲がきつくない物を選ぶ、自分の足に完全に締め付ける物を選んではなりません、
完全に締め付けるサイズの物を選ぶと、足全体の血液の流れが悪くなり体調も悪くなりますし、足の疲れも尋常じゃない程までに蓄積されます。

 

それにキツいサイズのものでは足のバランス感覚もおぼつきません。

 

 

 

なので、登山靴を選ぶ際には、この3つの注意点を必ず守って購入してください、デザインやブランドも大事ですが一番は貴方の命なのですから。

 

⇒トレッキングシューズのおすすめランキング!